パラボラ ~ガリレオの夢~

作詞:伊東歌詞太郎    作曲:伊東歌詞太郎・nishi-ken

まだ君の不安が消えないで
目を伏せたまま歩きだすなら
かすかに残るあの星を見つけて

まだ悲しみの海の中で
言葉の波におぼれてるなら
そのままでいて まだ終わらないから

誰も君のこと邪魔しない
でも誰も君を助けはしない
譲れぬものがただそこにあるだけ

果たされない約束
冴えない僕の宇宙船も
飛びたてる日を待ってる いつまでも

そうだ僕らに届く光は
死ぬほど冷たい空を越えて
少し曲がりながら進んだ
まるで僕たちのように消えそうでも

悲しみの意味を知るたびに
希望の喜びがわかるから
まるで明日を照らす光と影さ

相変わらずこの場所で
数えきれないほどの
ノイズに混じった言葉を探してる

いま空のかなたで生まれた
新しい星とひきかえに
果てなき道の途中で消えた
去りゆく星の光も焼き付けたい

誰かが捨てた未来 星になった
夜の闇に消えた無数の星
誰も信じちゃいない夢だけれど
あぁ まるでガリレオの夢

そうだ僕らに届く光は
死ぬほど冷たい空を越えて
少し曲がりながら進んだ
まるで僕たちのように飛び続けた

最短距離を進みながら
永遠に君を照らす 星の光