私の歌

作詞:喜多條忠    作曲:都倉俊一

海の黄昏(たそがれ)は
私の心に いつかどこかで
出逢ったような 白い小舟を繋ぐ
遠い世界へと 白い帆を広げて
愛の言葉 溢れる海へ
私は漕ぎ出す
たとえ嵐が来ようと 私には歌がある
孤独と愛の歌を 私は歌おう

海の黄昏は
私の心に 長い髪した
少女の影を 淡く映してみせる
遠い悲しみを かくした灯台
愛の名残り なつかしむように
あかりをともして
たとえ嵐の夜も 消えないランプのように
孤独と愛を 私は歌おう

たとえ嵐が来ようと 私には歌がある
孤独と愛の歌を 私は歌おう

たとえ嵐が来ようと 私には歌がある
孤独と愛の歌を 私は歌おう