運命の女神 (feat. 初音ミク&鏡音レン)

作詞:ひとしずくP・やま△    作曲:ひとしずくP・やま△
焼け焦げた貝殻の皿に 魂の林檎を供えて
欲望に染まる手で握り潰す【原罪】
水面の月は紅く染まり
始まるわ 最高のShow Time
気まぐれと本気の勝負
今日のお相手誰かしら?

今宵、月が焦ゲ付クマデ遊ビマショウ

無慈悲なサイは投げられた
賭けるのは その身一つ
錆びれかけた祭壇で願うのは【幸福の輪廻】
転がしては転がされ 5/6を握りつぶす
祈るだけ祈ったなら
「さあ、どうぞ、サイを振ってください」
六面体の裏側で 飽きもせず転がる林檎
無慈悲な女神様は 1/6の慈悲で微笑む

7度目の嵐を越えて 辿り着く海上の神殿
甘い仮面の下に企むのは【不届き】

「麗しき花の女神様、黄金の林檎は如何?」
少年はサイを手にとり零れる笑みを隠した

紅い鳥がさえずるまで眠らせない

無慈悲なサイは投げられた
賭けるのは「この実一つ」
望むものはただひとつ、 「本当の君のヒトカケラ」
心揺らすサイはやがて 螺旋を転がり落ちて
転がりゆくその先の 真っ黒な海へ沈んでいく

荒れ狂う嵐とともに 狼狽えだす女神様
崩れ落る神殿、敗者放たれる「運命」の力
六面体の牢獄の奥 安らかに眠る君
「ワタシハココヨ…」
償った罪はもう時効
「ココニイテモイイノ…?」
さあ、早くここから逃げよう

六面体の棺には… オモイダシテヨ

そしてサイは投げられた
賭けるのは この実一つ
錆びれかけた祭壇で 願うのは【葬られし1】
転がしては転がされ 6/6を握りつぶす
この手を取って、さあ早く
ああ、もう、時間がないんだ
悲しみ、怒り、喜び、戸惑い、驚き、憂鬱
全部全部受け止めて
ああ、今、歯車が廻り出す

六面体の角全部 鋭いナイフで削って
球体に変えたなら
さあ、もうサイは止まらない
廻り出した歯車は 運命の螺旋階段を
ぐるぐるり転がって 隠された棺の蓋が開く