作詞:梶浦由記・LiSA    作曲:梶浦由記

「さよなら」「ありがとう」声の限り
悲しみよりもっと大事なこと
去りゆく背中に伝えたくて
ぬくもりと痛みに間に合うように

このまま続くと思っていた
僕らの明日を描いていた
呼び合っていた (呼び合っていた)
光がまだ (光が)
胸の奥に熱いのに

僕たちは燃え盛る旅の途中で出会い
手を取りそして離した未来のために
夢が一つ叶うたび 僕は君を想うだろう
強くなりたいと願い 泣いた
決意を餞(はなむけ)に

懐かしい思いに囚われたり
残酷な世界に泣き叫んで
大人になるほど増えて行く
もう何一つだって失いたくない

悲しみに飲まれ落ちてしまえば
痛みを感じなくなるけれど
君の言葉 (君の言葉)
君の願い (君の声)
僕は守りぬくと誓ったんだ

音を立てて崩れ落ちて行く
一つだけの かけがえのない世界

手を伸ばし抱き止めた激しい光の束
輝いて消えてった未来のために
託された幸せと約束を超えて行く
振り返らずに進むから
前だけ向いて叫ぶから
心に炎(ほむら)を灯して
遠い未来まで