雪急く朝が来る

作詞:藤原聡    作曲:藤原聡

光った 助手席で首をすくめる君
それは遠くから 遠くから 雪を連れてきた

寝静まった宵闇もおかげで台無しさ
ああどうせなら どうせなら言ってしまおうか

雑に見積もる恋の勝率は
決して高くはなさそうだけど
アラームが三回鳴って迷った僕を追い詰める

さようならに代わる魔法の言葉探して
せめて心だけでも君のそばに残したくて
汗ばむ12月をつかんで離さぬよう
躍起になってどうでもいい話をする
まだ見つけられないその魔法の言葉は
きっと朝になっても見当たらないままだろう
分かっていたって 探した 探した 焦った
ああなんてわずらわしい朝だ

雑に見積もる恋の勝率は
やっぱりあてになどならない
アラームをとめて目を開いて声をあげる

さようならに代わる魔法の言葉探して
せめて心だけでも君のそばに残したくて
左ドアの鍵をそっと外しながらも
どうか開けないでとどうしようもないこと思う
そんなわがままを振り切ろうとして足掻いた
跡が好きという言葉に姿を変えた
気づくと君は 黙った 泣いた 笑った
ああなんてわずらわしい朝だ