雨ニモ負ケズ

作詞:伊東歌詞太郎    作曲:伊東歌詞太郎

こんなにも汚れた街に生まれ落ちるのは
どれくらい前からすでに決まってたのかな
なんでもあるように見えて何もない街で
どうやって息を吸えばいいずっとわからない

スクランブル交差点は今日も人波で
僕の心の奥底の寂しさをうつす
センター街の真ん中で笑う人たちに
愛想笑いさえできずにうつむいたままで

そうだこの世界 きっとニセモノだ
どうやったって胸が痛みだす
カムパネルラには まだ会えないし
でもまだ歩いて

雨にも負けずに そして風にも負けずに
そういう人になりたい
僕は僕のままでいたいのに お願い教えて
この道の先にあるものを
いつか きっと

終わりのないプレリュードを書き続けている
イーハトーブの場所はまだはっきりしないまま
グスコーブドリに会いたいそう願ってるけど
クラムボンの笑い声も喧騒に消えた

この物語 いっそ閉じてしまう
そんなことだってできるけど
ここまで書いた 滲んだ文字を
また捨て損なった

雨にも負けずに そして風にも負けずに
そういう人になりたい
まっすぐ世界を見ていたいから
一人のままでも 僕は僕を信じていくよ
いつか きっと

そうだこの世界 きっとニセモノだ
どうやったって胸が痛みだす
カムパネルラには まだ会えないし
でもまだ歩いて

誰にも

雨にも負けずに そして風にもまけずに
そういう人になりたい
僕は僕のままでいたいのに
お願い教えて この道の先にあるものを
いつか きっと

いつかいつか きっと