窓の向こうは冬

作詞:加奈崎芳太郎    作曲:加奈崎芳太郎
朝おそくふと目をさますと
君が来ていた
ぽくは寝たふりして寝がえりをうち
きみがふれるのをじっと待ってる
外は冬だけど ガラスの中は
ぼくときみだけ

きみは寒がり ベッドの中
もぐり込む
それでもぼくは寝たそぶり
心は暖まるのをじっと待ってる

きみの匂いが胸にしみ
心はやさしく

きみはまるで仔猫みたいに
ぼくの胸の中
冬の空はぼくを包みこみ
きみは先にひとりでうつら うつら
外は冬だけど ガラスの中は
ぼくときみだけ