紅空恋歌 (DJ Shimamura's Drum'n'Bass Remix)

作詞:片霧烈火 (CLOSED / UNDERGROUND)    作曲:片霧烈火 (CLOSED / UNDERGROUND)

夏の吐息を連れた 夕焼けのもと佇み
私はただ想いを馳せる
誰も居ない世界に一人生き残る者の
罪を誰が嘲笑えるでしょうか

向日葵たちは応えること無く

貴方の為に

紅く染まる頬に
流れる涙を拭わずに歌い続けよう
触れられない右手は
ただ風の中を彷徨えるのだとしても
それはただ貴方の為に

過ぎた日の御伽噺 叶えたいと願った
笑顔がただ欲しいだけなのに
生きてゆく事にさえも 酷く不器用な私は
ただ無力で為す術もなく

向日葵たちはただ小さく揺れた

夜の闇さえ科せられゆく
過去の色を隠す事は出来ずに
触れたい左手が世界を穢さぬよう
そっと別れを告げた
願わくは貴方の為に

紅い空がいつか堕ちる
その日までこの場所で歌い続けよう
揺るがぬ強さを胸に立ち上がれる
その日まで歌い続けよう
それはただ貴方の為に

いつまでも貴方の為に