月の光

作詞:武田鉄矢    作曲:千葉和臣

濡れた手拭い窓辺に干して
旅の宿から海を見下ろす
遥かな沖に昇った月が
水面を照らす黄金色の道

街の暮らしで汚れた私は
畳に正座で月を見上げる
月の光で我が身を洗う
月の光で我が身を洗う

隣も眠れぬ旅の人だろう
窓から一房葡萄の差し入れ
月の光に葡萄を透かせば
うす紫のステンドグラス

貴方を誘わず来てよかったと
久しぶりに静けさを聞く
何年ぶりだろうひとり微笑む
何年ぶりだろうひとり微笑む

夜更けに目覚めて闇を見つめる
閉めた窓から月影差し込み
部屋の隅の畳の上に
青く小さな月の光が

眠れぬ私に届いた便り
布団を抜け出しひとり見つめる
月から届いた手紙を読んでる
月から届いた手紙を読んでる
月から届いた手紙を読んでる