銀河鉄道の夜

作詞:伊東歌詞太郎    作曲:伊東歌詞太郎

発車時刻はもうあと少しで 突然に景色が輝く
不意に銀河ステーションを飛び出したら
有限と永遠のはざまへ

蒼い三角標が闇にきらめく
まだ何も気づかずに旅を続けたね

今宵

グッバイマイセルフ 僕は旅に出るよ
大好きな 君のもとへと
闇に浮かんだ輝きまで 銀河鉄道は命を乗せて

ノーザンクロスは冷たく青く
さまよう魂を救うの

君の濡れた髪が乾き始めた
あぁ優しい涙せめて拭えたら

今宵

グッバイマイフレンド 君は旅立つのかい
忘れない その言葉を
本当の幸せ探して 僕はまだ銀河を旅するよ

遠くに響くハレルヤ歌声が南の空に聞こえる
果てなき空 永遠の時を
越えてまた出会う 銀河鉄道の夜の旅へ

グッバイマイセルフ 僕は旅に出るよ
大好きな 君のもとへと
闇に浮かんだ輝きまで 銀河鉄道は命を乗せて

本当の幸せの先で もう一度君に会えるといいな