ペテン師

作詞:喜多條忠    作曲:伊勢正三

その男は恋人と別れた
さよならの口づけをして
髪の毛をやさしくなぜていた
その時男は心のどこかで
赤い舌を出して笑った
そうさ男は自由をとりもどしたのさ
そうさ男は人生のペテン師だから
このいつわりもいつの日にか
ありふれた想い出にすりかえるのさ

その男は女房をもらった
人様もうらやむほどの
すばらしくきれいな女をね
けれども男は心のどこかで
寒い風が吹くのを知った

そうさ男は自由を手離しちまった
そうさ男は人生のペテン師だから
ひとりぼっちの幸せを
たいくつな毎日にすりかえたのさ
そうさ男は自由を手離しちまった
そうさ男は人生のペテン師だから
ひとりぼっちの幸せを
たいくつな毎日にすりかえたのさ