作詞:黒川侑司・古閑翔平    作曲:古閑翔平

「変わんないね」 何てあなたもでしょう
きっと 誰かのせい きっと 誰かのせい
「ずっと笑いあって このままでいよう」 とか
何て言葉もさ もうすり抜けてしまうね

飼いならした日々を 呼びかけても
ずっと誰もいない ずっと誰もいなくて
きっと あなたが聞いたら 笑うのかな
何て事ばっかさ 考えちゃうね

「まだ消えたくないんだ」って
言葉が離れない だけど気づけば僕ら

ありきたりな 言葉の中に隠れてた
泣いていた君の姿も
見ないフリ 痛いフリ
手を伸ばせば 届く距離の
左手すら しまっていた

言葉にすれば 忘れるなら
このまま また明日ね
「さよなら」なんて 言えなくて
ずっと裏返しの日常すら
忘れられないのは
あまりにもどかしい事だ

壊れた信号は 赤のまま立ち止まる
「お願い誰か誰か わかってよ」
気がつけば 白線の上
寄り道がてらに 「救ってよ」

もしも耐え難い 結末に襲われて
部屋の片隅で 泣いてるなら
笑えるように すぐに拭ってあげるからさ

ありきたりな 言葉の中に 隠してた
泣いていた 僕の弱さも
見ないフリ 見ないフリ
手を伸ばせば 届く 距離にいた
君は もういないや

ありきたりな 僕らの中に 隠れてた
泣いていた君の姿も
見ないフリ 痛いフリ
手を伸ばせば 届く距離の
左手は 雨に濡れた

飼いならしたはずのあなたの事
きっと 誰かのせい きっと あなたのせい
「ずっと笑いあって このままでいよう」 とか
何て言葉にさ まだ騙されて いるんだ