さよなら!絶望先生

作詞:大槻ケンヂ    作曲:Narasaki
絶望にこそ
輝きがあふれると
誰かに聞いた
気がするな
どんな光だろ?
これがまた「キラキラ」
意外に輝き
実にこの「キラキラ」
目もくらむほどさ

さよならだけが
人生だなんてそんなこと
君をためすため
僕が昨日言った言葉だが
これがまた「OK」
素直に返され
本当に「バイバイ」
死んでやろうとしたが
首くくりの枝折れ
腰をさすり苦笑い
顔あげたら 絶望
と 同じくらいの
輝きがあった
君笑った 絶望は閃光 ある意味

絶望したと
これまでにどれ位
つぶやいただろ
誰も聞いちゃくれなかったが
これがまたいやいや
意外に本気に
実にそのマジマジ
すんでのところさ
人はほら普通に
裏切られるから
そのくせ自分も
裏切ったりするから
首くくりの枝折れ
腰をさすり苦笑い
顔あげたら 絶望
と 同じくらいの
首くくりの木に花
きらいだねと
聞こえた
のぞきこんで照れ笑い
ああ 同じくらいの
輝きがあった 君が見ていた
君が笑った まばゆいほどに 落ちるとこまで
落ちた時こそ
上がるチャンスは
巡ってくると

絶望こそが
人に教える
喜びの日が必ず来ると
絶望だけが
君に教える
しあわせが今
ここにあること
絶望だけが
君に教える
しあわせが今
ここにあること

絶望は先生
ある意味
ララララ
意外に