アイノウタ

作詞:Hiroyuki Fujino    作曲:Hiroyuki Fujino

君と初めてのフェス 焼ける日差し
いつもより少し近い距離で話す
君の声が嬉しくて聞き返したり

大好きな歌 騒ぐオーディエンス
はぐれないよう 人ごみの中
そっと君のTシャツの裾つかまって

押し寄せる人波 いくつもかき分けて
さあ行こうか 手を引く君と Yeah
叫ぶアイノウタ さあ手かざして
Yeah 君の歌 僕の歌 アイノウタ

夏の香り むせ返るような熱気に
紛れて君の気持ち聞かせて
なんて言ったらって妄想
不思議そうな君 おどけて

失敗や後悔は些細な事
いつの間にか流れてきた ラブソング
背中を押してくれたから気付いて

見せて 輝くライト 浮かぶ君
照らしてこの想い光の渦に Yeah
溶けるアイノウタ さあ手かざして
Yeah 君の歌 僕の歌 アイノウタ

はしゃいだ先の 二人を包む夕日
頬つたう汗 行け 今すぐ
止まらない想い集めて

ふと見上げた夜空に浮かんだ
花火が君照らした触れた手
君と Yeah響けアイノウタ

押し寄せる人波 いくつもかき分けて
さあ行こうか 手を引く君と Yeah
叫ぶアイノウタ さあ手かざして
Yeah 君の歌 僕の歌 アイノウタ

さあ手かざして