MONDO PIECE -KING'S PARADE at Kobe World Hall-

作詞:TAKUYA∞    作曲:UVERworld

必要なものは全部ここにある
あいつらに奪われた宝物は
殴って取り返したってよかったけど
この手に余るものは 置いとかない主義さ

大人になって金を手にしてからは
欲しいものは容易く手に入る
子供のころそれが幸せと疑わなかった
とんだ間違いだったなあ

「それは失敗するとやけどするよ」と
言われてもピンとこないから
本当に熱いかどうか 確かめる主義なんだ

正しいことが幸せと限らないでしょ
たくさんの間違いをして おろかでも純粋に
誤解されたって 理解のひもを解いて行こう
どうしたって幸せすぎると 僕たちは何も残せない
確かめた火傷の痛みも 大切にしなくちゃな

分かり合えることのほうが少ないから
僕らは「さよなら」を言われるかもな
でもね そう思ったのならそれがいいんだよ
君が選んだ道が なにより大切さ

それに もしも君が戻ってきてくれたら
もう 僕たちは離れたりやしないだろう
それだって 本当に素敵なことさ
目の前の現実は この空のように広く
限りない可能性が 僕らを待つよ

これから話すことは
べつに悲しい話じゃないんだよ
こんなにも惹かれあって
一緒にいる僕たちが
10年後にバラバラだったとしても
信じた道を進めたのなら
どこにいてもどんな状態でも
笑っていられる気がするんだ
それでこそ人生が輝く

いくつだって感受性は不安定
人に言えずそのストレスをぶつけられる
唯一のMUSICなら本音が言える それは間違いない
でも 肝心な時カッコつけて
弱音に思われるのも嫌で
言えずにいた心の奥底のほうにある
言葉だって本音なんだ
大切なものが離れる前に言っておくよ

本当は10年先 20年だって一緒にいたい
そう願ってるんだよ
全部壊れたって 一緒にいるなら作り直せる
きっと何度でも
自分を信じれなくなった日があった
でも この仲間を信じれなくなった日はなかった

言葉にするとちょっと恥ずかしいけど
本当に出会えてよかったと思ってるよ