パラレルな関係

作詞:阪本奨悟    作曲:阪本奨悟

何度でも何度でもその手差し伸べてくれた

本音なんて隠してしまえばいい
当たり障りない言葉選んで
ただ笑顔で振舞っていれば
誰ともぶつからずに済むでしょ

本気で分かり合おうとすればするほど
摩擦が生じて傷付いてく

パラレルな関係さ
誰とでも一定の距離を
ずっと保ちながら関わってる
だけど不意にこの胸に溢れてくる寂しさに
君は寄り添うことができるのはどうして?

心と心を結ぶことなんてできるはずがないでしょ?
人は誰もが歩んできた道のりがそれぞれ違うから

本当はもっと深くで誰かと繋がりたいと
心は泣いてるけど

「友情」も「結束」もぶつかれば壊れてしまう
脆くて儚いものでしょ?
それなのに迷わずに君は僕の心の声に
耳を傾けてくれるのはどうして?

自分以外を信じようと思える
君のようなその勇気持ちたいよ

パラレルな関係は
恐怖で作った壁だった
そこにずっと閉じ込められてたけど
何度でも何度でもその手差し伸べてくれた
だから僕はその手握り返すよしっかりと