タイムマシーンについて

作詞:     作曲:

もしかボクに
ネコ型ロボットがいて
タイムマシーンを使えるなら
どこに行こうか考える

歴史に残る名場面を
観に行ったり
遠い遠い未来の世界を
覗いたりしてみたり

空想の中で
いくつかの答えが浮かび上がる
目をつむるだけでほら
色んな所を旅してる気分だ

だけどタイムマシーンは
僕の心の中に棲む
弱さだって言われたよ
ホントにそうなら僕は弱い人だ

ボクの住むこの世界は誰にでも
素敵に写る 世界じゃない
ことぐらいは分かるだろう
さあ出てこい!
ボクのネコ型ロボよ
何にもないこの世界を
その道具で連れ出してよ
ボクの「本当の言葉」は
たぶん人を嫌な気持ちにする
でも「嘘の言葉」で
君や誰かを頷かせるのは嫌だ

だからタイムマシーンで
誰も知らないとこへ行く
君はついてきてくれるの?
ボクが全部決めていいの?

だけどタイムマシーンは
ボクの心の中に棲む
弱さだって言われたよ
ホントにそうだ!ボクは弱い人だ

ボクの知らない君は
どんな顔をするの?
それはボクの好きな君なの?
それはボクの好きな君なの?

もしかボクに
ネコ型ロボットがいて
タイムマシーンを使えるなら
君にすぐ会いに行く
歴史に残る名場面など
観に行かない
遠い遠い未来の世界から
来たボクと話をしよう