恋祭

作詞:市川睦月    作曲:玉置浩二

目をつむると 浮かんでくるわ
ぼんやりと 夕暮れの 哀しい景色が
そこで誰を 探しているの
あれは 幼い迷い子の 私

恋は夏の日の 蛍火のきらめき
指をすり抜けて 茉莉花(まつりか)の向うに
消えてゆく

恋はいつも よく似ているわ
梔子(くちなし)の 花影の 赤い蛍に
明日なんか こなくていいと
泣いて ふるえて燃えつきた 私

恋は揺らめいて 蛍火の囁き
心ときめかせ 秋風の向うに
消えてゆく

恋は蛍飛ぶ 遠い日のお祭り
私ひとりだけ 置き去りにしたまま
消えてゆく

消えてゆく