少年漂流記 /少年他的奇幻漂流

作詞:Ashin    作曲:Stone

午夜前醒來 迷惘如海 繁星忘了燦爛
真夜中 目が覚めて途方に暮れる 無数の星たちが輝きを止めた
我們是小孩 都曾是小孩 誕生在這艘船
僕らは子供 誰もがかつては この船で生まれた

人們口中方舟 像一葉小船
人々が語る方舟は 小さな笹舟のようなもの
耳語溢出甲板 風雨搖晃旗竿
甲板にはひそひそ話が溢れ 風雨がマストを激しく揺らしてる

人們切開山巒剪下了雲彩
人々は山々を切り開き 雲を切り取り
削成了萬支槳縫製風帆
無数の櫂を削り出し 帆を縫った
尋找 吶喊 未知的未來
未知なる未来を探して 喚声をあげて

我們會航向怎樣的未來?
この航海はどこへ向かっている?
無數命運流轉 打造了
無数の運命が流転して生まれた
無數的相異的羅盤
無数の別々の羅針盤を手に

當巨浪排山倒海的襲來
巨大な波が押し寄せ
我們的手鬆開 心也潰散
人々は手を離し 心もバラバラに
每個人 每顆心 風暴 流竄
誰もが皆 嵐から逃げ惑う

諸神已離開 鬼在狂歡 而人們在糾纏
神々が去り 鬼が跋扈して 人々は絡まりもつれ合う
誰生錯血脈 誰長錯色彩 誰夢錯了期待?
誰が血を 肌の色を 夢を間違えた?

漂流無邊汪洋 不叫做孤單
無限の海原を漂流しても それは孤独とは違う
夜色的最黑暗 那不是最黑暗
夜の暗闇も 真の暗闇ではないのだから

而是人們無窮無盡的爭端
人々は争いを 繰り返し
將你我推向了最遠兩端
互いを両極へと 追いやる
異端 極端 遺落的遺憾
異端 極端 失われた遺憾

我們會航向怎樣的未來?
この航海はどこへ向かっている?
無數命運流轉 打造了
無数の運命が流転して生まれた
無數的相異的羅盤
無数の別々の羅針盤を手に

如果世界只剩你我存在?
もし世界に僕らだけが残ったら?
為何人們依然 爭論著 那未來
なぜ人々は未来を言い争っては
而踐踏著現在
今を踏み潰すのだ

我們該珍惜如何的現在?
今を大切にすべきだろう?
無數交織自傳 相遇在 汪洋中
無数に交差する自伝 この広い海原で出会い
當你抬頭看
君は空を見上げる

何時那萬種漸層的斑斕
夜の片隅で ずっと黙々と輝いていた
已默默綻放在 黑夜終端
あの重なり合う無数の美しい色の層は
那雲端 那光芒 像是 皇冠
雲の上から 王冠のように輝く光

朝霞中呢喃 釋然如海 你向我靠過來
朝焼けの中でさえずる 海のように 釈然と君は僕に寄り添う
誰說要龐大 才能夠偉大 我們如此存在
強大な力が偉大だと誰が言った 僕らはここにいる
歷經摧殘 就要璀璨
いくら破壊を経験しても 輝きを忘れない
如果愛 不只是奇幻
もしも愛が 幻想じゃないとしたら