マシンガンと形容詞

作詞:後藤正文    作曲:後藤正文

雨が降りやんで少し乾いた道端に宿るイメージと
舞い上がった名も無き正義が君の言葉を奪うのだろう
膝にすがって泣いても
誰かを恨んでも

当面は憂えたって
嘆いたって
変わらない もう

目が廻るような速度で進む短針と日々はルーレット
ディーラーもプレイヤーも現在地を知らないもう
ここに立って傍観者を気取ってはいられないだから

ノーだって イエスだって
胸を張って言おう

マシンガンと形容詞
完成は見えないよな
I don't know

君の20年後へ 僕らはそっと有るだけのチップをベットしよう
息吸って 毒吐いて 全額スってしまっても
金になんて代えられない 差し出すのが誇りさ

それが愛だって
希望だって
胸を張って言おう

マシンガンと形容詞
完成は見えないよな
I don't know

永遠に
I don't know

悲しいが夢ではないさ
空しい これは現実だ
妄想で死んで黄泉帰って
新世紀の幕開けだ

悲しいが夢ではないさ
空しい これが現実さ
アイデンティティなんてものは
鬱陶しい「探せ」なんて偉そうに言うな

皆 I wanna knowで創造
してんだろうって今日も
I don't knowで世界を
撃ち抜く言葉を