弁天

作詞:田中和将    作曲:亀井亨

囮と知らずに捕えられたのか
都合のいいきみは消費者
かけがえない弁天様

型通りを植え付ける
気付かれぬままに
若さゆえ拡散されて
当たり前が左前

きみがしなをつくった
YOLOはKOBIを売った

背伸びした青年が
精を出して生産してゆく
羨ましいのさ
手を伸ばした底辺が
手一杯で諦念を見た
振り切るように今日も目合い

瞳を見下ろす
目を逸らさないで
ほら とうが立ったと云うけど
味わいが深まってそう
ああ弁天Summer

成熟した政治が
税を課して性にしてゆく
何ハラスメントか
手を伸ばした底辺が
手一杯で諦念を見た
弔うような今日の目合い