少年少女をやめてから

作詞:黒川侑司,古閑翔平    作曲:古閑翔平

逸らしてしまったこと 濁してしまった思想
背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに
濡らしてしまった言 縋ってしまった理想
空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう

滲んでしまった事 揺らいでしまった思考
臨場感に起こされた今日も 最終回で昨日になるよ
崩してしまった言 塞いてしまった愛想
空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう

汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ
答えを出したって 履き慣れた言葉にすり替えてしまうのに

隠しきれない 記憶の断章を
塗り替えられぬ いつかの感情を
少しずつ 掠れゆく この哀を
思い出してもいいかい

逸らしてしまったこと 濁してしまった思想
背徳感に称される日々も 最終回を繰り返すのに
濡らしてしまった言 縋ってしまった理想
空想上に撒き散らしてきた 劣等感に汚されてしまいそう

汚されてしまいそう 汚されてしまいそうだ
応えを出したって 履き慣れた言葉に流されてしまうのに

次第に沈む 記憶の解像度
渡れなかった はずの赤い信号
知らぬまに 飛び立っていた 滑走路
白線の上で 君を見て

隠しきれない 記憶の断章を
塗り替えられぬ いつかの感情を
少しずつ 溢れてくる この愛を
思い出してもいいかい