蝶と花と蜘蛛 (feat. 鏡音リン&鏡音レン&VY2)

作詞:ひとしずくP・やま△     作曲:ひとしずくP・やま△
叶わぬ恋の感情に
振り回されて 傷つけ合っても
慈悲深き 愛の女神よ
戯れに 恋を、殺さないで

偶然響いた 幼き日の歌声
遠い想いびとに、再び巡り会う

見慣れぬ面影 刹那に目を奪われ
そっと、踊る蝶(きみ)に糸を掛けた

密やかなるうちに 絡む蜘蛛の糸のように
無邪気に飛び舞う蝶(きみ)の 綺麗な羽に手を伸ばす

揺らめく恋の糸の
罠にかかった蝶(きみ)を捉(つか)まえて
震える羽の鱗粉(りんぷん)に
口づけて そっと絡めとった

「・・・・・・逃がさないよ?」

囚われた愚かな蝶は
逃げ出せぬまま 罠に溺れてく
慈悲深き 月の女神よ
戯れに 夜を明かさないで・・・・・・

募らす想いを 祈るように囁く
初恋の淡い夢は 砕け散った

密やかなるうちに ふと佇(たたず)む、花のように
可憐に飛び舞う蝶(きみ)を 見つめることしか、できない

芽生えた恋の花に
ひらり止まった 蝶(きみ)に囚われて
奪われた蜜の香りに
酔わされて そっと、想い焦がす

「・・・・・・愛してる」

欲深き愚かな蝶は
気高き花の 毒に侵されて
麗しき 愛の女神よ
戯れに 恋を、殺さないで

叶わぬ恋の感情に
振り回されて そのたび、絆(ほだ)され
羽ばたきに疲れた羽の
休め方さえ 分からないの

「助けて・・・・・・」

許されぬ恋の花は
実らぬうちに 枯らしてしまおう
噎(む)せ返る 残り香だけを
この胸の奥に閉じ込めて・・・・・・

解けない恋の糸に
絡まったまま もがき続けても
慈悲深き 愛の女神よ
戯れに 恋を、殺さないで・・・・・・