輝きの詩

作詞:徳永英明    作曲:徳永英明

冷たい風が春の光に変わって行くように
軋む心の音もやがてはやさしくなるだろう

風が舞うよ
僕らのそばで
君を強く抱きしめる

いつか見ていた夢の続きを
もう一度ほら描いてみようよ
心を決めて心を決めて
両手を広げいま風を受け止めてゆくよ

四角い窓が立ち並ぶ街すれ違う人並みに
誰もがそっと微笑むような花を贈りましょう

風が吹くよ
僕らの明日へ
君を強く抱きしめる

この喜びもこの歌声も
君といるから輝きの詩に
心のままに心のままに
変わりゆくときのいま風に委ねてゆくよ

いつか見ていた夢の続きを
君と一緒に輝きの詩に
心を乗せて心を乗せて
両手を広げいま風を受け止めてゆくよ

この喜びもこの歌声も
君といるから輝きの詩に
心のままに心のままに
変わりゆくときのいま風に委ねてゆくよ