パラボラ

作詞:PON    作曲:PON
僕が真ん中の世界でしょ?
何食わぬ顔で言えたのに
その強さは消えてしまった
今じゃ影もなく

あなたのためにもこうしましょって
僕は大丈夫その次で
なんて嫌われるのが怖くなっただけ

いつから境界線の向こう
怖いモノだらけ
すくんでる足、動いてよ

奇跡待ちの行列に
身を任してやり過ごしてく
花びらが舞うのは空
はらりはらりと減ってゆく日々
意味が分かる事もなく
相も変わらず流れて
気付かないまま今日が終わる

いつかは境界線の向こう
踏んづけろ未来を
踏み出した足さあ行くよ
越えよう今を

最終的な意味合いも
つかぬままに架かるは放物線
七色に輝くそれは
はらりはらりとあっけなく消える
それでもこりもせずに
また見つけては追いかけ
いつか届くその時まで
なりふり構わず手を伸ばして