愛するということ

作詞:MINMI    作曲:MINMI
愛するということ 怖がらないでと
頬をつたうあなたの涙の美しさ
今も光るでしょう 嘘をついて
二人駆け出して夜へ 同じ階段のぼって
どっか似てるねって言われてたあなたが
もしもがいているのなら

今どこかで楽しく微笑んでますか?
何年たっても わたしは笑顔も涙も
抱きしめられるよ
今どこかで 一人で 迷ってませんか?
どんなに 遠くても わたしは
夢という同じ空を飛べるよ

ひゅらら ひゅらら・・・

何も言わなくても 分かり合えたから
仲のよさは 憧れられるぼど
あなたと過ごした十代

冷めてたのに 愛の歌を歌えたのも
傷つくたび心 失わなかったのも
あなたが一緒に泣いてくれたから

今どこかで楽しく微笑んでますか?
何年たっても わたしは笑顔も涙も
抱きしめられるよ
今どこかで 一人で 迷ってませんか?
どんなに 遠くても わたしは
夢という同じ空を飛べるよ

ひゅらら ひゅらら・・・

今どこかで楽しく微笑んでますか?
何年たっても わたしは笑顔も涙も
抱きしめられるよ
今どこかで 一人で 迷ってませんか?
どんなに 遠くても わたしは
夢という同じ空を飛べるよ

ひゅらら ひゅらら・・・