雨上がりの通り

作詞:増村和彦    作曲:岡田拓郎

淡い昼下がり 雨上がりの通りは
白い水蒸気と 光に包まれる
眩しそうに薄目開けて
優しく微笑む
日傘開きながら
赤いヒールをカタカタ
鳴らし小走りに
「鬼さんこちら手の鳴るほうへ」
見上げた黒い瞳
眼の前を通る
吸い込まれていく
嘘のようさ
君は目を閉じて
時を止める
広いカンバスに 水色の水彩絵の具
染めて碧い島は
恥ずかしそうに浮かぶ
イリュージョンじみた風が
二人を横切る
吸い込まれていく
嘘のようさ
君は目を閉じて
時を止める

斜め上の空には 間の抜けた笑う月
そっと流し目で見て
「鬼さんこちら手の鳴るほうへ」