Sha-la-la-la

作詞:Sawao Yamanaka    作曲:Sawao Yamanaka
悲しくてずっと ふさぎこんでいたなんて
冗談 みたいさ
がんじがらめに 絡んでた心 がほどけてゆくよ
キミの笑う声が僕の明日をぬりかえる
透き通る雲の上に腰かけて夜明けを見ていた
僕はきっと生まれ変わるはずさ

二人ゆれながら Sha-la-la-lla
言葉はいらない Sha-la-la-lla

季節の終わりに 二人は朝まで
ふざけていたね
何でもありさ 楽しい事なら 手あたり次第に
歩き疲れる事を 知らない僕らは このまま
指をならして口笛吹きながら 眠らない
そして キミのためだけに唄うのさ

二人ゆれながら Sha-la-la-lla
言葉はいらない Sha-la-la-lla

僕はきっと生まれ変わるはずさ

二人ゆれながら Sha-la-la-lla
言葉はいらない Sha-la-la-lla

二人ゆれながら Sha-la-la-lla
もう何もいらないのさ Sha-la-la-lla