SHIBAHAMAX ~シバハマだいたいこんなかんじ~

作詞:春風亭一之輔    作曲:江崎マサル

むかしむかし、あるところに、商売・魚屋
その名・勝五郎「通称・魚勝」!
腕はいいけど、酒浸り(MAN!)
のんで のまれて のまれて のんで のまれて
暮れもせまった、ある朝のこと「お前さーん、
商売に行っとくれよ。釜のふたが開かないんだよ!」

無理やり起こされ、しぶしぶ向かうは、芝の浜
潮の香り のせて浜風
朝日のぼり、照らす波間
ゆらゆらただよう革財布

「アレ? なに? これ、財布? 重(おも)!! 金!?」
飛んで帰って 「おっかぁ! たいへん!
早く開けろ、ここ!!開けろ!早く開けろ!!」
「どしたの? それ?」
「拾ったんだ、これ」
「どこで拾ったん?」
「浜で拾ったん!」
「いくらあるん?」
「数えてみらぁ。ひい、ふう、みい、よう、チュウ、チュウ、
たこ かいな…、どひゃー!!」
「あわせて42(しじゅうに)両!!あわせて42(しじゅうに)両!!」
「どうすんの、これ?」
「決まってんじゃん! 使っちゃおうじゃん!」
「やばくない? まずくない?」
「問題ない! NO問題!! 金は拾った俺らのもん!!!」

酒飲んで寝っちゃった、勝五郎
「お前さーん!!起きとくれ、商売に行っとくれ!!」
「誰が行くか! 金はあんだ!」これから友達 よんできて
酒のんで どんちゃん どんちゃん どんちゃん どんちゃん 大騒ぎ
またまた寝ちゃった、勝五郎 翌朝、かみさんささやいた
「お前さーん!! 起きとくれ、まじで商売行っとくれ!!」
「なに言ってんの? 行かなくていーじゃん!」
「なに言ってんの? 行かなくちゃだめじゃん!!」
「お金あるじゃん!」
「どこにあんの?」
「財布あるじゃん!」
「中身カラじゃん!」
「バカ! 芝で拾った42両あるじゃん!!」
「…夢でもみたの?」
「…夢?」「夢!!!」
「うそ!?」「夢!!!!」
「まじ!?」「夢!!!!!」
「金つかったのホントで 拾ったの夢!?」
「イエス! 夢!!!」
「…やばくない? まずくない?」
「問題ない!! 心配ない!!
働けばいいじゃん! 稼いだ金はうちらのもん!!」

お酒 止めちゃった勝五郎 一心不乱に働いて 丸三年
借金完済 商売繁盛 早いもんだね その年の大晦日
「これ見て、お前さん」
「なんだ? この財布?」
「覚えてない?」
「記憶がない!」
「三年前に 芝の浜で…」

「俺が拾った、革財布!!!」
「ホントは、あったん!!」
「夢だって言ったじゃん!?」
「夢じゃなかった…わたし、嘘ついたん…ごめんなさい、
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい…」
その時、鳴った、除夜の鐘、108
「OK! ゆるす! 夢でよかった! あのままいってりゃ、
俺たち野垂れ死に…だましてくれて、ホントありがとー!」
「許してくれんの? ホントうれしい!…
ねえ お酒飲まない? お前さん?」
「俺、酒止めてるし」
「私、飲んで欲しいし、大晦日だし、お前さん、もう大丈夫だし…」
「そこまで言うなら、もらおかな 三年ぶりだし、うまいかな…」

夢 欲 業(ごう)暮れ 金 愛 SHIBAHAMAX
(鐘鳴り渡り、年も明ける お酒なみなみ、夜も更ける)
夢 欲 業(ごう)暮れ 金 愛 SHIBAHAMAX
(鐘鳴り渡り、年も明ける お酒なみなみ、夜も更ける)
夢 欲 業(ごう)暮れ 金 愛 SHIBAHAMAX
(鐘鳴り渡り、年も明ける お酒なみなみ、夜も更ける)
S・H・I・B・A・H・A・M・A・X
SHIBAHAMAX

口をつけるか勝五郎 そこで一瞬 ストップモーション
どーした?勝五郎
口をつけるか勝五郎 そこで一瞬 ストップモーション
どーする?勝五郎
「よそう!また夢になるといけねぇ」