Was Ich Dir Sagen Will

作詞:なかにし礼    作曲:Udo Juergens

別れの朝ふたりは
さめた紅茶のみほし
さようならのくちづけ
わらいながら交わした

別れの朝ふたりは
白いドアを開いて
駅につづく小径を
何も言わず歩いた

言わないでなぐさめは
涙をさそうから
触れないでこの指に
心が乱れるから

やがて汽車は出てゆき
一人残る私は
ちぎれるほど手をふる
あなたの目を見ていた

言わないでなぐさめは
涙をさそうから
触れないでこの指に
心が乱れるから

やがて汽車は出てゆき
一人残る私は
ちぎれるほど手をふる
あなたの目を見ていた

あなたの目を見ていた