PERFECT BLUE

作詞:小出祐介    作曲:小出祐介

むせび泣いたみたいな 通り雨がやんだ
いつかの慟哭のことを思い出してしまうな
ひとり行進をしながら 歩く鉄塔の足元
ざわめく胸にあふれた 注ぎたてのサイダーの音

遠くで煙が昇っていく
空にかけた梯子のように 無い天井に向かってのびていく

君は翔んだ あの夏の日
むき出しの太陽にくちづけしようと
そっと目を閉じ舞いあがった
その黒い髪 凛とした青い空にとけてしまったのにね
会いたいよ また、君に

散弾銃みたいな 強い雨が降ってきた
つめたくなった手に触れた夜もそうだった

あれから何度の季節がめぐったんだろう
あたらしい風が吹き 君の知らない季節がほら、はじまるよ

Boy meets girl それがすべて
君がいて僕がいた日々はきっと
永遠の瞬間出せなかった
君への手紙 結局 カバンの底にしずめてしまったのにね
なぜ 返事を待ってる

ほとんどを忘れ たくさんを失う
でも 青い君は美しくなる

むせび泣いたみたいな 通り雨がやんだ
あたらしい風に向かい 僕は君の知らない季節を さぁ、いこう

君は翔んだ あの夏の日
むき出しの太陽にくちづけしようと
そっと目を閉じ舞いあがった
その黒い髪 凛とした青い空にとけてしまったのにね
会いたいよ また、君に

もうすぐ夏がくる