夢追い人

作詞:北川賢一     作曲:北川賢一

夢追いし旅人は行く
足音鳴らし 作る道
夢のなき旅人はまだ
歩く事すらできなくて

夏空の下 乾いた目もうるおう
花と散る夢 夜空へ消えてった
ただただ消えてった

行かないで
いつも過ぎて行く景色は
足早にただ 目に映り
落ちこぼれてると
1人胸に秘めていた
僕に太陽はあたらぬと
思い込んでいた

悲しみを抱いたあなたよ
心に傷をおうあなたよ
ひたむきに生きる人程
何かに迷い悩むのだろう

すべての人が 自分なりの形で
同じ重さの命をかかえてる

忘れないで
いつも過ぎて行く景色は
足早にただ 見えるもの
あせる事はないよ
君は自分のはやさで
歩きだせばいい
僕が見てるから

自分だけじゃないよ
悩み苦しむ人なら
この世の中にあふれてる
陽の光はただ
すべてをてらしだすけれども
その陽影からでて
光にあたるは君 君