KKBOX Logo
KKBOX Logo

作詞:Eve   作曲:Eve


その足を踏み出せないでいるのかい
自分が傷つくことが嫌な癖に

いつの日か熱量や感情さえも
どっかに置き去りになって
抜け殻になってしまう でも目を背けるの

その心の扉を今ノックして尋ねてみたんだ
本当の気持ちを知りたくて聞かせて

君は感情的で 時には冷静沈着で
相棒は自慢な証明 いきたいないきたいな
もう一度だけ 呼吸を合わせて 合図を送るから
この僕の心を沸かせて沸かせてくれ

その声を振り絞れないでいるのなら
胸にそっと手をかざして話してみるの

子供の頃は世界の主人公的な
存在だと思ってたんだ
恥ずかしくなってきた また目を背けるの

守りたいものがどんどん増えてきて
この気持ちはなんだ
本当の自分に気づかせて魅させて

君は臆病な少年 時には自己中心的で
それでも未来の向く方へ
いきたいといきたいと
強く願う君のその目には
もう迷いはないから
熱く燃える炎が心に灯るから

ずっと独りだったんだ

声を荒げた少年 もう何も寂しくはないさ
今度は僕の番だから もう一度
諦めないで 呼吸を合わせて 合図を送るから
選ぶんだ君の 未来を

君は感情的で 時には冷静沈着で
相棒は自慢な証明 いきたいないきたいな
もう一度だけ 呼吸を合わせて 合図を送るから
この僕の心を沸かせて沸かせてくれ

収録アルバム

アンビバレント

KKBOXを起動

作詞:Eve   作曲:Eve


その足を踏み出せないでいるのかい
自分が傷つくことが嫌な癖に

いつの日か熱量や感情さえも
どっかに置き去りになって
抜け殻になってしまう でも目を背けるの

その心の扉を今ノックして尋ねてみたんだ
本当の気持ちを知りたくて聞かせて

君は感情的で 時には冷静沈着で
相棒は自慢な証明 いきたいないきたいな
もう一度だけ 呼吸を合わせて 合図を送るから
この僕の心を沸かせて沸かせてくれ

その声を振り絞れないでいるのなら
胸にそっと手をかざして話してみるの

子供の頃は世界の主人公的な
存在だと思ってたんだ
恥ずかしくなってきた また目を背けるの

守りたいものがどんどん増えてきて
この気持ちはなんだ
本当の自分に気づかせて魅させて

君は臆病な少年 時には自己中心的で
それでも未来の向く方へ
いきたいといきたいと
強く願う君のその目には
もう迷いはないから
熱く燃える炎が心に灯るから

ずっと独りだったんだ

声を荒げた少年 もう何も寂しくはないさ
今度は僕の番だから もう一度
諦めないで 呼吸を合わせて 合図を送るから
選ぶんだ君の 未来を

君は感情的で 時には冷静沈着で
相棒は自慢な証明 いきたいないきたいな
もう一度だけ 呼吸を合わせて 合図を送るから
この僕の心を沸かせて沸かせてくれ