二十歳の頃

作詞:なかにし礼    作曲:都倉俊一

あれは二十歳の頃さ
僕ははじめて知った君と
めぐりあって愛することを

君はぼくよりたしか
二つ年上だった
恋に泣いた事のある人だった

二人でかりた小さなアパート

本の他に何一つ
部屋にはなかったね
朝の光の中で
僕はまどろみながら
君に甘えたくて泣いていたよ

あれは二十歳の頃さ
僕ははじめて知った愛を
なくす時の心の痛み

ほんの小さな事で
僕とけんかをしたら君は
部屋をすてて帰らなかった

涙で僕もすてたよアパート

本の他に何一つ
荷物はなかったよ
時は流れたけれど
君によく似た人と
まちで出会うたびに胸が痛む