春らんまん

作詞:松本隆    作曲:大瀧詠一

向ふを行くのは お春じゃなゐか
薄情な眼つきで 知らぬ顔
沈丁花を匂はせて
おや、まあ ひとあめくるね

はるさめもやふのお春じゃなゐか
紺のぼかしの 蛇の目傘に
花梔子の雨が けぶる
おや、まあ これからあひびきかゐ

婀娜な黒髪 お春じゃなゐか
淡くれなゐに 頬紅そめりゃあ
巴旦杏もいろなしさ
おや、まあ 春らんまんだね

暖房装置の冬が往くと
冷房装置の夏が来た
ほんに春は来やしなゐ
おや、まあ また待ちぼうけかゐ