予期せぬ逃避行

作詞:阿久悠    作曲:小林治郎
摩天楼のホテルに イルミネーション
二十四時には 窓の灯りで
十字架を描く
窓の一つ一つには 恋人たち
クリスマス・イブ
クリスマス・イブ
わたしはひとり

大人の恋が終わったばかりで
しあわせな仲間には入れない
渡すあてのないプレゼント
通りすがりの人に渡して
長距離バスに乗る
逃げるの 逃げるの
しあわせから

人が群れる広場で ロックコンサート
星が降る下 からだ寄せ合い
キャンドルをかざす
頬と頬をふれ合って 恋人たち
クリスマス・イブ
クリスマス・イブ
わたしはひとり

ここから恋が芽ばえていくなら
どんなにかしあわせに思うでしょう
少しよろめいたハイヒール
無理に笑って 胸をそらせて
長距離バスに乗る
逃げるの 逃げるの
しあわせから