作詞:---    作曲:---

君が知ってる僕らの出会いの瞬間を僕は知らずに
古いアルバム初めて歩いた日の事話した言葉

今はもう遠い夢の中過ごした時に思いは巡る

聞かせてよ 君の声を もう一度
何もなかった あの日のように
今度は消し去りたい過去だって
何も捻じ曲げずに 受け入れるから

正解のないジクソーパズルの
今の形に自信が持てずに
闇雲にピースをひっかえて
違う僕らになろうとしてた

うんざりしてた日々の記憶さえ
懐かしくて 胸を突き上げる

聞きたいよ 君の声を もう一度
近過ぎて耳を 塞いでたけれど
今ならば 言えなかった思いも
何も捻じ曲げずに 伝えられるから

聞かせてよ 君の声を もう一度
今からだって 遅くないから
知らぬ間に 積み上げてた氷を
少しずつだって 溶かしていくよ

聞かせてよ 君の声を もう一度
何もなかった あの日のように
今ならば 言えなかった思いも
何も捻じ曲げずに 伝えられるから
そのままの形で 受け入れるから
繰り返す時に 思いは巡る