ふるさとは忘れない

作詞:加藤登紀子    作曲:加藤登紀子

どこまでも遠く
果てしない旅路を
何を求め見つめて
何をさがしているの
ふるさとは あなたを
ずっとずっと待ってる
カタカナと紅色に
糸紡ぐはた音
風に揺れるビンロージュ
庭に咲くタンタワン

この道を出てゆく
陽をあびてゆれながら
どうしてとめられないの
ここにあるぬくもりで
火を燃やす煙は
どこへどこへ届くの
この空のどこかで
夕暮れを見ている
あの人に伝えてよ
待ちわびる想いを

帰れない旅人の 歌がきこえる

愛するものを守りたくて
ふるさとを離れる
かなしみを忘れたくて
思い出を捨てる
今日よりあしたが
いいものであるために
きのうのやすらぎを失い
夢をかかえすぎた街角で
たったひとつの夢が消える
よみがえれ大地
すべての生命のために
とりもどせ愛を
途方にくれた迷子たち

満たされぬ想いに
すべてが空しくみえる時も
あふれる淋しさで
おぼれそうになる時も
目を閉じて思い出せ
裸足で走った草原を
体中で思い出せ
空にとどく声を

帰れない旅人の
歌がきこえる