ルイ

作詞:吉田旺    作曲:みなみらんぼう

並木通りにある
小さな画廊の飾り窓
やせた女のデッサンが
朝の銀座をみつめてる

その娘の名前はルイと言い
酒場につとめていた
気だてのいい娘で 浮いた噂の
一つも聞かない 娘だったが
ある日絵描きの タマゴと恋に
恋に落ちたよ

はたで見るのも いじらしく
オトコにつくしてた
きっとあのひとは 偉くなるわと
くちぐせみたいに くりかえし
飲めぬお酒をむりやり飲んで
みつぎ続けた

オトコは間もなくフランスへ
ひとりで旅立った
あとに残された ルイはそのうち
深酒かさねる 日がつづき
彼の帰りを 待たずにひとり
死んでしまった

やつれた瞳をして三月あと
戻った恋びとは
お金かき集め ルイとゆう名の
小さな画廊を 開いたよ
いつもあの娘が どこより好きと
言ってた銀座に

並木通りにある
小さな画廊の飾り窓
やせた女のデッサンが
雨の銀座をみつめてる