積木の部屋

作詞:有馬三恵子    作曲:川口真
いつの間にか 君と暮しはじめていた
西日だけが入る せまい部屋で二人
君に出来ることは ボタン付けとそうじ
だけど充ち足りていた
やりきれぬ淋しさも 愚痴も
おたがいの ぬくもりで消した
もしも どちらか
もっと強い 気持でいたら
愛は 続いていたのか
リンゴかじりながら 語り明かしたよね
愛は あれから何処へ

二人ここを出ても すぐに誰か住むさ
僕らに似た 若い恋人かもしれない
きれい好きな君が みがきこんだ窓に
どんな灯りがともる
限りないもめごとも 嘘も
別れだとなれば なつかしい
もしも どちらか
もっと強い 気持でいたら
愛は続いていたのか
こんな終り知らず 部屋をさがした頃
そうさ あの日が すべて
そうさ あの日が すべて