化粧戯画

作詞:てにをは     作曲:てにをは

薮に伏せたケモノ 人に憧れて
蛇の抜け殻宝物にした
祭囃子の鳴るほうへ 通りゃんせ
あの子驚かせるまでは帰らない 戻らない

唐紅 鳥居の影で鉢合わせ
背伸びして同じ背丈できみを見る

あんまり月が眩しくて
きみが好きでたまらない
きみが怖がってくれるなら
龍にでも獅子にでもなろう

はら はら はらり化粧雛
勾引されてもみんなにゃ内緒だぞ

人のふりバケモノ 雪駄など引っ掛けて
泣かないあの子泣かしたいケモノ
家族も学校もないとこ行こうよ
あの子振り向かせるまでは
人はもう食べれない

まだまだ来てくれない
鳥居の下で待ち合わせ
やだやだここにいて
同じ寿命で生きてたい

花も鳥も月も風さえ息潜める恋がある
きみが泣き止んでくれるなら
狗にでも猫にでもなろう

稲光 稲荷駆け おまえ泣かす者は
俺が皆喰ってやる いじめっ子も先生も
Moon rise 貰い泣き Moonlight
背に乗れ 飛んでゆけ

あんまり月が眩しくて
きみが好きでたまらない
きみが怖がってくれるなら
龍にでも獅子にでもなろう
花も鳥も月も風さえ息潜める恋がある
きみが泣き止んでくれるなら
狗にでも猫にでもなろう

から から 嗤う化生戯画
勾引されてもみんなにゃ内緒だぞ 指切った