ゆらゆらと満月

作詞:及川眠子    作曲:牧野信博
なぜ痛みに似た 優しさのしずく
胸に降りてくる

もうそばにいない
あなたの笑顔を 思い出すたびに

逢いたくて だけど逢えなくて
この気持ち どんなふうに
ねぇ呼べばいいの

窓辺を飾る ゆらゆらと満月
きっといま同じ空を あなたも見ているの

宇宙の水面 ひそやかに揺らして
まぶしくて せつない日々 心に連れてくる Moonlight

また闇にまぎれ 意地悪な人は
夢で逢いにくる

ただ一度ふれた
その手のぬくもり 忘れさせないの

逢いたくて そっと聞きたくて
感じてる この想いは
ねぇ同じなの

あなたのように ゆらゆらと満月
輝いた記憶だけを 静かに残してく

光の波が えがきだすジオラマ
映してる瞳のなか 近くて遠いのは Moonlight

窓辺を飾る ゆらゆらと満月
きっといま同じ空を あなたも見ているの

宇宙の水面 ひそやかに揺らして
まぶしくて せつない日々 心に連れてくる Moonlight