Lyricist: はんにゃG    Composer: はんにゃG

走れや走れや 夜が明ける
钗子(さいし)や栉とて投げ舍てて
揺れる火影(ほかげ)に身を重ね
いざ音を杀して ここから さあ逃げろ!

すげなし娘よ
どこへ逃げやうと おまへはお雏のもの
何案ずることなどありんせん
今直ぐさ丹(に)涂り爪先舐めりゃんせ

なにもかも おまへの望み
全て失くした 全て与えやう
后に残るは お雏の欲すは
この心だけ 心も躯(からだ)も

濡れる肢体と おまへと二人
干く涙と 他には何も
狂えば最后 なにも要らぬと
死ぬまで虏 さあお雏が手の内

三栉九重(みくしここのえ)お雏に同じよ
黒の夜空に光るは月か
おまへの濡れた真白の肌に
跃る血びらは万华镜

络める指を払いて 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
地狱の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

急げや急げや 日が升る
消えゆく白粉(おしろい)振り払い
揺れる火影(ほかげ)に身を重ね
いざ音を杀して ここから さあ逃げろ!

いけずな娘よ
どこへ逃げやうと おまへはお雏のもの
初(うい)の音ならしてどう可爱がろう
歪みし面はさぞ美しかろう

どうすれば 尚におまへは
锁を解ける 足りぬと言うか
后に残るは お雏の欲すは
この心だけ おまへのすべてよ

霞む视界と おまへと二人
诘まる吐息と 他には何も
狂えば最后 おまへが欲しい
死ぬまで虏 さあお雏が手の内

椿(つばき)のやうに滴る唇
夜空に光るは真(まこと)に月か
おまへの润んだ瑠璃の瞳に
映る焰(ほむら)は万华镜

伸ばした掌(てのひら)空きり 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
狂気の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

月に透く髪揺らめく彩り
黒の夜空に光るは御眼(まなこ)
おまへの光る白い首筋に
渗む雫は万华镜

捕られた手首は空きり 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
狂気の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

首筋なぞるはさ丹(に)涂り红爪
仕方の无い子じゃこちらへおいで…

三栉九重(みくしここのえ)お雏に同じよ
黒の夜空が光りて刹那
おまへの濡れた真白の肌に
跃る血びらは万华镜

嗫く声が响いて「逃がさぬ」
逃げろ 御出でや 逃げろ 御出で
地狱の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

おまへは永远にお雏のものよ
过る黄金(こがね)に映るは眼(まなこ)
おまへの瞳に宿る绝望に
溶ける痛みは万华镜

揺らめく声が响いて「爱しい」
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
わたしの望みも今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

雛逃げ (feat. 初音ミク VS メグッポイド)

Preview Open KKBOX

Lyricist: はんにゃG    Composer: はんにゃG

走れや走れや 夜が明ける
钗子(さいし)や栉とて投げ舍てて
揺れる火影(ほかげ)に身を重ね
いざ音を杀して ここから さあ逃げろ!

すげなし娘よ
どこへ逃げやうと おまへはお雏のもの
何案ずることなどありんせん
今直ぐさ丹(に)涂り爪先舐めりゃんせ

なにもかも おまへの望み
全て失くした 全て与えやう
后に残るは お雏の欲すは
この心だけ 心も躯(からだ)も

濡れる肢体と おまへと二人
干く涙と 他には何も
狂えば最后 なにも要らぬと
死ぬまで虏 さあお雏が手の内

三栉九重(みくしここのえ)お雏に同じよ
黒の夜空に光るは月か
おまへの濡れた真白の肌に
跃る血びらは万华镜

络める指を払いて 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
地狱の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

急げや急げや 日が升る
消えゆく白粉(おしろい)振り払い
揺れる火影(ほかげ)に身を重ね
いざ音を杀して ここから さあ逃げろ!

いけずな娘よ
どこへ逃げやうと おまへはお雏のもの
初(うい)の音ならしてどう可爱がろう
歪みし面はさぞ美しかろう

どうすれば 尚におまへは
锁を解ける 足りぬと言うか
后に残るは お雏の欲すは
この心だけ おまへのすべてよ

霞む视界と おまへと二人
诘まる吐息と 他には何も
狂えば最后 おまへが欲しい
死ぬまで虏 さあお雏が手の内

椿(つばき)のやうに滴る唇
夜空に光るは真(まこと)に月か
おまへの润んだ瑠璃の瞳に
映る焰(ほむら)は万华镜

伸ばした掌(てのひら)空きり 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
狂気の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

月に透く髪揺らめく彩り
黒の夜空に光るは御眼(まなこ)
おまへの光る白い首筋に
渗む雫は万华镜

捕られた手首は空きり 逃がさぬ
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
狂気の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

首筋なぞるはさ丹(に)涂り红爪
仕方の无い子じゃこちらへおいで…

三栉九重(みくしここのえ)お雏に同じよ
黒の夜空が光りて刹那
おまへの濡れた真白の肌に
跃る血びらは万华镜

嗫く声が响いて「逃がさぬ」
逃げろ 御出でや 逃げろ 御出で
地狱の园には今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)

おまへは永远にお雏のものよ
过る黄金(こがね)に映るは眼(まなこ)
おまへの瞳に宿る绝望に
溶ける痛みは万华镜

揺らめく声が响いて「爱しい」
逃げろ おいでや 逃げろ おいで
わたしの望みも今宵が最后よ ひなにげ
(おまへの游びも今宵が最后よ ひなにげ)