白色日記簿

Lyricist: 吉岡聖恵    Composer: 吉岡聖恵

あなたの秘密をうちあけてくれたね
耻ずかしくて 嬉しくって 少し戸惑ったよ
いつも行った海 照れくさかったけど あなたの髪にふれた时
恋を知った 泣きたいくらいに

思い出の中にある 白いダイアリー
なつかしくて そっと 开いたときに海风の音がした

さよならの言叶さえも 大切な宝物
やさしさとぬくもりをくれたから
「いつまでも忘れない」ってほほえんでくれた
届けたい あなたに出会えて しあわせだったと

夕暮れの街は 「寒いね」って言って
つないだ手に赤くなる 私のことからかったよね

あこがれた梦のこと 话した瞳は
美しくて ずっと 见つめていたくて もっと好きになってた

いつだってあなたがいた あの顷を越えてゆこう
时间(とき)といま歩き始めたいから
远ざかるあなたの影 风になって消える
泣かないよ 私の明日を辉かせるから

さよならの言叶をそっと この海に浮かべたら
あたらしい物语 はじまるよ さあ
この道を ただ进むの 新しい私で さあそっと
表纸を闭じよう 白いダイアリー