深海少女

Lyricist: ゆうゆ     Composer: ゆうゆ
悲しみの海に沈んだ私
目を开けるのも亿劫(おっくう)
このままどこまでも堕ちて行き
谁にも见つけられないのかな

どこへ向かい、何をすれば?
ふと射し込む一筋の光
手を伸ばせば届きそうだけど
波に拐(さら)われて见失った

あれは一体なんだったのかな
あたたかくて眩しかったの
无意识のカウンターイルミネーション
嘘つきは谁?

深海少女 まだまだ沈む
暗暗の彼方へ闭じこもる
深海少女 だけど知りたい
心惹かれるあの人を见つけたから

昼も夜も无かったこの场所
なのに眠れない夜は続く
自由の羽を大きく広げて
泳ぐあなたは奇丽でした

そしてまた光は降りそそぐ
见とれていたら目が合った
気付いてこっちを振り返るあなたに
嘘つきな私…

深海少女 わざわざ沈む
暗暗のさなかに赤い頬
深海少女 ハダカの心を见せる勇気
黒い海がまだ许さない

こんなに服は汚れてしまった
笑颜も丑くゆがんでいった
谁にも合わせる颜なんて无いの
もう放っておいてよ!

声にならない気持ちが溢れてとけた
次の瞬间、君が突然姿を消した

心配性の 彼女は焦る
暗が彼を隠しひとりきり
限界少女 その手を伸ばす

「ほらね、君も素敌な色を隠してた」

深海少女 腕を引かれる
歌う祝福のマリンスノー
深海少女 もっと知りたい
心惹かれるあの人を见つけたから

この海を出て 今飞び立つの