for no one

Lyricist: 山村隆太    Composer: 阪井一生

谁もが心跃る 华やいだ季节 ひとり
见知らぬ街で 冬空见上げてたんだ
冴えない感情をよそに 谁かが嬉しそうな颜で
プレゼント抱え 通り过ぎてゆくけど

仆は また伫んだまま 进めない

虚势ばかり张って 君に见向きもせず
挙げ句の别れが こんなにも仆を打ちのめす

君が好きな あの歌はもう 口ずさむこともない
そのたび君の笑颜 想い浮かべてしまうから
恋なんて一方的な 思い込みだって 分かってるけど
この洗脳を解いても 今夜さえ越えられそうにもない

まるで昨日のよう ふたり 歩いた游歩道
何もかもが辉いて见えた そんな気がしてた

仆は ただ追忆を辿っていく

优しいだけじゃ いつか人を伤つける
いつも君は仆に ごねてみせた后 はにかんだ

“谁かのためじゃなく 自分のために 笑って”なんて
忧えていた君はもう 傍にはいないという事実
正直これを乗り越える 自信なんてないんだけど
时がいつか全てを 洗い流してくれる そう愿ってる

そうさ いつも 理屈じゃ分かってんだよ
それでも君の梦を见てしまうよ

君が好きな あの“for no one”口ずさむ仆がいて
どうしてもその笑颜 忘れたくはないんだよ
恋なんて一方的な 思い込みだって 分かってるけど
この洗脳を解いても 今夜さえ越えられそうにもない