Rain

Lyricist: 大江千里    Composer: 大江千里

言叶にできず冻えたままで
人前ではやさしく生きていた
しわよせで こんなふうに雑に
雨の夜にきみを抱きしめてた

道路わきのビラと壊れた常夜灯
街角ではそう だれもが急いでた
きみじゃない 悪いのは自分の激しさを
かくせないぼくのほうさ

Lady きみは雨にけむる
すいた駅を少し走った

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが消えてく
路地里では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ

别々に暮らす 泣きだしそうな空を
にぎりしめる强さは今はもうない
変わらずいる心のすみだけで
伤つくようなきみならもういらない

Lady きみは雨にぬれて
ぼくの眼を少し见ていた

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくがついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争った夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ

肩が干いたシャツ改札を出る顷
きみの町じゃもう雨は小降りになる
今日だけが明日に続いてる
こんなふうに きみとは终われない

Lady きみは今もこうして
小さめの伞もささずに

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
しぶきあげるきみが消えてく
路地里では朝が早いから
今のうちにきみをつかまえ
行かないで 行かないで
そう言うよ

どしゃぶりでもかまわないと
ずぶぬれでもかまわないと
口笛ふくぼくがついてく
ずいぶんきみを知りすぎたのに
初めて争った夜のように
行かないで 行かないで
そう言うよ