月・影・舞・華

Lyricist: 銀河方面P     Composer: 銀河方面P
夜空を照らす月明かり
あなたの影に寄り添う私は
艶やかに舞う蝶のような
永远(とこしえ)に咲き夸る恋の华

ゆらゆら揺らめいていた
水面を縁取る 花を掬(すく)えば
雫は背中を伝い
私は香りに酔いしれている

结んだ髪をなびかせ
清めよ この身と心
あなたが望むのならば
千年先も咲き続けましょう

夜空を照らす月明かり
あなたの影に寄り添う私は
艶やかに舞う蝶のような
永远(とこしえ)に咲き夸る恋の华

爱し人
淡き恋心
募らせて・・・

きらきら煌めいていた
今宵の月に包まれ私は
いつしかあなたの腕で
軽いめまい感じて抱かれてた

折りから散る花吹雪
古の愿いと共に
遥かな道のり辿る
瑠璃色の桥を架けましょう

夜空を照らす月明かり
あなたの影に寄り添う私は
艶やかに舞う蝶のような
永远(とこしえ)に咲き夸る恋の华

夜空を照らす月明かり
あなたの影に寄り添う私は
艶やかに舞う蝶のような
永远(とこしえ)に咲き夸る恋の华

几星霜(いくせいそう)刻む辙(わだち)を
迷い歩み続けるその先は
月影に舞う満开の
永远(とこしえ)に咲き夸る恋の华