籠 (feat. 巡音ルカ)

Lyricist: otetsu     Composer: otetsu
髪饰りがとても良く似合う
绮丽です 心で呟いた
皆 皆 同じ衣装で
此処は何処 私は谁
髪は结わず 颜は涂らず
靴は履かず 服も着ずに
ねえ 何処へ行くの 谁か教えて
ねえ どうして私だけが无视される

そんな冷たい瞳で视ないで下さい
ひらりひらり舞う纹白蝶が羡ましいわ

赤の色 ふわり消えて行って
青の色 无理に绞り出して
使い舍ての絵の具 饲育される子供 私は何
女はいつも ”訳のわからぬ仪式”
ばかりしている
何処にも属さぬ私は女です
ねえ どうして私だけが无视される

夜は长く 暗に响く声 眠れない
谁か私を何処か远くへ连れて行って
やがて紫に涂りつぶされた私は
望みもしない花を咲かせた この笼の中

そんな冷たい瞳で视ないで下さい
ひらりひらり舞う纹白蝶が羡ましいわ