Lyricist: ピノキオP    Composer: ピノキオP

夏が始まり あえてどこも行かずに
设定温度17度の部屋で 寝っころがってアイス食ってた
タオルケットにくるまったままぼんやり
日差しも入らぬ闭めきった部屋で 妄想の海に渍かっていると

携帯电话がどこかで鸣ってる 手にとって见た 友达の诱い
今夜は花火大会があるらしい 灼热地狱に飞び出してゆく
光化学スモッグ、排気ガスを かきわけて原付乗って走る
日焼けのしていない颜がゆがむ 远くのアスファルトみたいに

ああ どうせまた モノクロ気味な夏の日を
赏味期限の切れた 思い出で味付けしている
现実よりも长い梦から覚めた时
また新しい朝日が 夜空を完食した后だった

久しぶりに歩くと 息も切れて足も棒 汗だくで
人ごみを避けながら イヤホンで耳ふさいで 伏し目がち

待ち合わせ场所に先についたけど 友达はちょっと遅れると言う
読みかけの本の続きを読もうかな 宙に浮いた时间溃すために
青かった空が朱色に変わる 夏の日も折り返しまできてる
都会の喧騒が邪魔をしてる なんでこんなにも

少年のような纯粋な気持ちよみがえる
夜空に咲き乱れた 巨大な光に包まれて
迷いも嘘も 绝えず拭えぬ猜疑心も
炸裂音とともに 今だけは消え去ってしまうんだ

つかの间の幸せでも
间违った喜びでも
気まぐれの优しさでも
悔しいな 嬉しいと思う

夏の终わりに 后悔するその前に

少年のような纯粋な気持ちよみがえる
夜空に咲き乱れた 巨大な光に包まれて
迷いも嘘も 绝えず拭えぬ猜疑心も
炸裂音とともに 今だけは消え去ってしまえ
ああ 今日みたいな カラフル色の夏の日も
年月に毒されて いつかは色褪せてしまうけど
多くの人が 足を止め 花火を见てる
それぞれの心根に それぞれの辉きが映るんだ

Fireworks (feat. 初音ミク)

Preview Open KKBOX

Lyricist: ピノキオP    Composer: ピノキオP

夏が始まり あえてどこも行かずに
设定温度17度の部屋で 寝っころがってアイス食ってた
タオルケットにくるまったままぼんやり
日差しも入らぬ闭めきった部屋で 妄想の海に渍かっていると

携帯电话がどこかで鸣ってる 手にとって见た 友达の诱い
今夜は花火大会があるらしい 灼热地狱に飞び出してゆく
光化学スモッグ、排気ガスを かきわけて原付乗って走る
日焼けのしていない颜がゆがむ 远くのアスファルトみたいに

ああ どうせまた モノクロ気味な夏の日を
赏味期限の切れた 思い出で味付けしている
现実よりも长い梦から覚めた时
また新しい朝日が 夜空を完食した后だった

久しぶりに歩くと 息も切れて足も棒 汗だくで
人ごみを避けながら イヤホンで耳ふさいで 伏し目がち

待ち合わせ场所に先についたけど 友达はちょっと遅れると言う
読みかけの本の続きを読もうかな 宙に浮いた时间溃すために
青かった空が朱色に変わる 夏の日も折り返しまできてる
都会の喧騒が邪魔をしてる なんでこんなにも

少年のような纯粋な気持ちよみがえる
夜空に咲き乱れた 巨大な光に包まれて
迷いも嘘も 绝えず拭えぬ猜疑心も
炸裂音とともに 今だけは消え去ってしまうんだ

つかの间の幸せでも
间违った喜びでも
気まぐれの优しさでも
悔しいな 嬉しいと思う

夏の终わりに 后悔するその前に

少年のような纯粋な気持ちよみがえる
夜空に咲き乱れた 巨大な光に包まれて
迷いも嘘も 绝えず拭えぬ猜疑心も
炸裂音とともに 今だけは消え去ってしまえ
ああ 今日みたいな カラフル色の夏の日も
年月に毒されて いつかは色褪せてしまうけど
多くの人が 足を止め 花火を见てる
それぞれの心根に それぞれの辉きが映るんだ